私は思春期の頃から毛深い体毛に悩まされてきました。人よりも体毛が濃くなるのが遅かったので、周りの友達が体毛を気にし始めた頃、私には関係ない話だと思っていました。しかし、高校に入学した頃から徐々に毛が生え始め、処理をしないと恥ずかしい程に毛深くなってしまいました。私が特に気になったのは、脇の下と膝下の部分でした。最初はカミソリで数日に1度処理を行っていましたが、そのたびに毛は太くなっていき、剃る頻度も増えていきました。剃った後、肌を触ると毛の生え際がチクチクし、元々肌が弱かった私は剃刀負けしてしまい、次第に肌もザラザラになっていきました。大学生になり、彼氏もできて2人で外泊することもありました。その頃は毎日のように除毛処理を行っていたので、夜になると気分が落ち着かず、どのタイミングで毛の処理をしようかとヒヤヒヤしていました。ある日、彼氏が急に私のふくらはぎを触りました。そして、「なんかチクチクする。」とつぶやきました。この時体毛の自己処理に限界を感じて、脱毛サロンに通うことを決めました。効果が出始めるまでには数回かかりましたが、脱毛に通うたびに毛が少しずつ減って、細くなっていることが実感できました。脱毛には確かにまとまったお金が必要ですが、比較的お金を使える大学時代にこそ、アルバイトを少し頑張って、脱毛を始めてよかったです。今では綺麗に脱毛が完了して数年が経ちますが、大変満足しています

 

全身脱毛 京都